モラリーの歴史を知る

【イベントレポあり】なぜ、こんなにもクロックタワー2に魅了されるのか【お台バロウズ晩餐会】

クロックタワー2

 

恐怖がおもしろい_____

 

もりー(@morymolly247 )です^ – ^

クロックタワー2が好きすぎて、月に一度はゲーム実況を検索して見るくらいには、好きなんです。(突然の告白)

中古リンクしかなかった・・・

 

集中して作業したいときはクロックタワー2とYouTubeやニコニコ動画で検索します。

クロックタワー2で実況されている方の動画はすべて見たと言っても過言ではないでしょう。

 

友人とゲーム実況をしてしまうくらいにも好きです。

襲われているシーンばかりだから参考にならないのですが・・・

クロックタワーさん、追いかけられている時は緊迫したBGMが流れるんですが、襲われていない通常状態のときは、「無音」なのです。

それが余計に恐怖・・・・

 

クロックタワーとは

まずクロックタワーがどんなゲームなのか、少し説明しておきますね。

ホラーアドベンチャーゲーム。

クロックタワー』(CLOCK TOWER)は、1995年9月14日ヒューマンから発売されたスーパーファミコンゲームソフト

引用:ウィキペディア

主人公はジュニファー・シンプソン。

父が失踪、母は亡くなり。

孤児院に引き取られる。

そしてある日、引き取り手が見つかったとのことで・・・・

その主人公のジュニファーを操作し、クロックタワーと呼ばれる屋敷の中で現れる殺人鬼から逃げるというゲームです。

 

かなり昔のゲームで、クロックタワーを持ってはいなかったのですが、クロックタワー2は1と話が繋がっているので、無視しては通れません。

 



クロックタワー2とは

『クロックタワー2』(クロックタワーセカンド、CLOCK TOWER 2)は、1996年12月13日に日本のヒューマンから発売されたPlayStation用ゲームソフト。

引用:ウィキペディア

クロックタワー2は、クロックタワー1で生還したジュニファーの続きの物語です。

ヘレンは、トラウマを抱えるジュニファーの保護者で何とクロックタワー2は保護者のヘレンも操作ができるというシナリオ分岐があるのです。

 



 

なぜ、クロックタワー“2”なのか

私がクロックタワー2を知ったきっかけは、父と母がやっていたのを見てきたからです。

プレステのゲームを譲り受け、その中でもクロックタワー2が大好きでした。(家にあったのは、クロックタワー2と日本が舞台のクロックタワーゴーストヘッドでした)

 

このことを、クロックタワーをディレクションしていた河野さんに(Twitterアカウントは昔のもので消えちゃってますが)報告できてとても嬉しかったことを覚えています。

 



お台バロウズ城 晩餐会【イベントレポ】

Welcome お台バロウズ城 晩餐会~

inお台バロウズ カルチャーカルチャー

 

もりー

お台バロウズっていうネームセンス! 最高!

 

20周年記念の2015年12月20(日)にお台場で行われたイベントなのですが、初のクロックタワーサウンドトラックCDが発売されるということで開かれました。

いざ、門が開かれると、好きな席を選べました。(中の写真は撮って良いのか分からず、あまり写真を撮っていないのですが・・・)

クロックタワーの魅力の一つでもあるサウンドトラック、会場にも流れるサウンド・・・!

 

メニュー表には、クロックタワーシリーズのメニュー。

クロックタワーシリーズを知っている人なら、どれも分かる食べ物と飲み物です。

私が注文したのは・・・

・千夏ちゃんの血まみれ包丁(ノンアルコール

ブラッドオレンジジュース)

 

・サイモンバロウズのハム(ハム)

もりー

もうとにかく豪華で、その空間そのものが幸せでしかなかったです。
まさかのクロックタワー2の商品を頼んでいない・・・・!!!

しかし、クロックタワー2の商品は、ンハ・イ・酒(シュ)のハイボールだけでした。

当時は、未成年。

この「酒」と「シュ」をかけるところ、センス良すぎて大好きです。

 

 

イベントが始まるまでの時間はBGMを聞きながら食事を楽しんだり、近くの席の方とお話しをしていました。

会社員の方が急いで席についたりしているのを見て、(きっと、仕事終わって急いできたんだろうなぁ)このイベントに来ている方々は、みんなクロックタワーを知っていて好きでいる人なんだなぁ。と周りに知っている人がいないから、それだけでものすごく幸せな気持ちになりました。

イベント中、河野一二三さんが、老若男女問わずイベントに来ていて嬉しいとおっしゃっていました。

本当にそうだった。20年経っても、どんどん色々な世代に受け継がれているゲーム。凄い。目頭が熱くなった。

 

その他にも抽選会とか、突然のシザーマンが登場したり会場は大盛り上がりでした。

司会者ゆげさんのツイート参照。シザーマンです。

もりー

会場に出てきたときはもうなんとも言えない高揚感!

 

そしてなにより、ヒューマン社の方々を目の前にしたことが感動しました。

いつもエンドロールで流れている名前の方々が、目の前にいる・・!!

 

“もりー”

感激すぎッ

 

トークでは、ゲームを作る上で大変だったこと、会社の歴史や作る上でのお話、こんな風に怖さを演出したとか、とっても貴重なお話を聞くことができました。

 

更に、クロックタワー1のプレイを実際に見ることもできました。しかも、ゲーム中にサウンドやSEの工夫のお話を聞きながら見ることができたんですよ・・・

この上ない贅沢なゲームプレイ実況を見ることができました。

 

クロックタワーのゲーム中は、BGMが少なく、足音だけの部分が多くで、そこがまた怖い演出を促していると聞いたときは納得しました。

なのに、シザーマンに追いかけられているときは、不安になるような緊迫感のあるあの曲。

出すとこは出す!!というこのスタンスが絶妙で最高に良いです。

 

もりー

クロックタワー 20th Anniversary Sound Collection発売記念 ~Welcome お台バロウズ城 晩餐会~ youtubeにイベントの生中継が上がってました・・!!(URLの共有禁止でしたので、興味ある方は調べてみてください!)

クロックタワーイベント_YouTube

このイベントに行けて本当に良かった。

本当に、心から楽しかったです。

これからもクロックタワーを愛しています。

 

当時の私へ・・

 

ヒューマンさん

言いなさい!!

 

もりー(@morymolly247 )でした^ – ^ノシ

関連記事:【歴史】初めてプレイした乙女ゲーム『戦刻ナイトブラッド』がサービス終了した話

LINE@

最新の更新情報

限定記事のパスコード

お知らせ等を受け取ることができます 

日曜日の12時に配信

友だち追加

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。