Mory'sPlayLandにも遊びに来てね!

「甘える技術」のない長女がキャバに勤務した話【キャバクラ体験記】

「甘える技術」のない長女がキャバに勤務した話

 

もりー(@morymolly247 )です^ – ^

今回はキャバクラ体験記を記録しておこうと思います。

短い間でしたが、とてもいい経験になり、勉強になりました。



突然ですが、長女の甘え下手…半端なくないですか?

もりー

私の周りの長女の友だちは圧倒的に甘え下手な子が多い気がする…

やっぱり「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい!」と言われたり「(弟や妹にいい思いをさせなきゃ…)」という責任感から、世話焼きな上、甘え下手で、プライドも高くなってしまうのでしょうか。

キャバクラ体験記【前編】

そんな甘え下手な長女が、夜眠れないからという理由でキャバクラの面接を受けたことがことの始まりでした。

まずは【検索:キャバクラ 体験】をし、トップに出てきたお店へ電話をしました。

面接の日時を決めて、駅の近くで待ち合わせをすることに。

 

某駅、待ち合わせ前・・

もりー

緊張して、胸が、爆発しそう(帰りたい)

 

・・・待ち合わせ時間

あ、面接のもりーさんっすか?

お店の男性

もりー

あ、はぃぃい! お願いします!

 

そうして、一緒にお店へ・・

てくてく。

 

お店の男性(ボーイさん?)と、5分ほど歩いて、昼間なのに、昼だということを忘れてしまうほどの暗闇の世界へ。

エレベーターで上へ上がり、お店に到着。

紙に必要事項を書いて、キョロキョロしながら待ちました。

 

(ニコッ)緊張してる? 大丈夫だよ! じゃあ店の説明をするね!

お店の男性

怖そうで不安だったけど、よかった……!ほっ

もりー

あはは… はい。 よろしくお願いします!

 

・・・・

…と、そんな感じなんだけど、どうかな?

お店の男性

もりー

あの……このお話を聞いた上でやめてもいいでしょうか……?
大丈夫だけど……どうしてそう思ったか教えてもらってもいいかな?

お店の男性

 

私には無理だ。できない。って、お店の説明を受けてひよってしまった。

じゃあ何しに来たんだよ! って怒られてもおかしくないのに。正直に自分にはできないと思っていたことをまるっとそのまま話したら、お時間を取らせたのにも関わらず、優しく帰してくれました。

見た目はとても怖かったけれど、お店の男性はとても優しかった。

“人は見た目で判断してはいけない”と改めて学ばせていただきました。

 

その帰り道、公園のベンチでサラリーマンがパソコンを膝に乗せて仕事をしているのを見て、ライターの仕事を始めるようになるのですが、そのお話はここでは割愛させていただく。



キャバクラ体験記【後編】

その二年後、またキャバクラへと面接へ行くこととなる。

前回、どうして夜眠れないからという理由でキャバクラの面接を受けたと言っていたかと言うと、自律神経失調症に悩まされていたからでした。眠れない時間が惜しかったから、そんなことで始めたけれど、体調不良に苛まれていることがとても多くて何をするのも辛く感じた。

しかし、たくさんの自己実験をして、改善できたのです。

 

自律神経自律神経を整えると人生が変わる【自律神経失調症】

▲自律神経失調症を治した話

 

そこで、ふとあの時のキャバクラ面接を思い出しました。

今なら、できるかもしれない。

前回と同様、【検索:キャバクラ 体験】をし、トップに出てきたお店へ電話をしました。

今回は体験入店(その日そのまま働くこと)もすることに。



『甘える技術』をお守りに

キャバの知識が全くなかったので、元No. 1キャバ嬢で恋愛アドバイザーの高野麗子さんの本『甘える技術』を読んでから出勤することにしました。

長女ってさ「しっかりしなきゃ」「全部自分でやらなきゃ」「誰にも頼れない」「失敗できない」「プライドがあるから弱音は吐けない」「甘えてる自分がキモイ…」って感じで、謎に孤独と戦うクセがあるんだよね。 著者、高野麗子さんは、媚びが全くない。 人に喜ばれる甘え方ができる人。

女性としてありたい品位を感じました。

甘えることは恥ずかしいし、迷惑かも…。

そんな気持ちが『甘える技術』を読んで吹き飛びました。

同時に今までが可愛くなさすぎて、申し訳なかったなぁという気持ちにさえなりました。

 

そして、実践しよう! と思えるものや、これならできるかも! と思えるものがあったので、これは活用すべきだ! とお風呂の中で一気読みして、意気込んで出勤しました。



キャバクラ体験記【実践編】

意気込んで出勤したものの、多種多様な綺麗でスタイルのいいお姉様に囲まれ、ど緊張。

あ、こりゃ。初日からは無理ですわ……

もりー

(すぐにひよってしまうもりー)

カチコチの真面目、堅物女でスタート。

もりー

(夜用のメイクを調べて、キラキラにしてみた…!!)

夜のお仕事は人生で初めて。

お酒の作り方さえも知りません。

 

綺麗な女性で溢れ、仕事帰りの男性で溢れ。

そこは煌びやかで大人たちの楽園のようでした。

 

若さを売ってね!

ボーイさん

そう言われたものの、全く発揮できず。

もう甘える技術どころではなかったので、高野麗子さんを見習って言葉遣いだけは心掛けました。

「若いのにしっかりしてるね」そんな言葉をたくさんいただきました。

 

そして、まさかの甘える技術の話をお客さんとすることに!

たくさん褒めてもらった時に“ありがとうございます”が言えなくて。

「そこはありがとうございます! でいいんだよ!」と言われた時に

もりー

それが甘える技術か〜

と、声に出して言ってしまいました。

本を読んでから出勤するなんて、かなり真面目だね〜

お客さん

もりー

あっ、ありがとうございます!

まさかの甘える技術の話に盛り上がり、甘える技術講座が始まりました。

 

もりー

お洋服の販売員をしていた時にも思ったけど、接客業に正解ってないんだなぁと思いました。販売士の資格を持っていても、実践してみると全然違う…

 

キャバクラって、女の戦いの世界で怖いイメージしかなくて新人はイジメとかあるんだろうなぁ。とドキドキして働いていたけれど、女子校と同じで、そんなことはありませんでした。派閥はあったけれど、そこまで殺伐としてはなかったです。

お友達もできたし、とてもいい経験になったなと思っています。

 

そして、キャバ嬢たちはとても美しく強い女性が多く、憧れの対象になりました。

夜のお仕事にはまだ偏見が多いようですが、少しでも偏見がなくなればなと思います。

お客さんたちはとても幸せそうでした。

 

▲ゴールデンボンバーが好きな私ですが、この曲をよく聞きながら帰っていました。

嫉妬に溢れている重ための男性のドラマが曲で表現されていて好きです。

 

もりー

生き方が不器用で甘えられない長女…この経験を無駄にしないようにしないとな…

 

 

余談:『極上‼︎めちゃモテ委員長』姫野華恋

『甘える技術』を読んでいたら思い出したお話がありました。

『極上‼︎めちゃモテ委員長』という漫画なのですが(アニメもあります)高嶺の花で学園の美少女、姫野華恋。

もし内容を間違えていたら教えてください…

もりー

とても美しい容姿の彼女は高校生なのですが、高嶺の花すぎて一度も告白されたことがないという。

そこで、めちゃモテな委員長に相談するのですが、その相談内容は、幼馴染で年下の男の子が好きだけど、“うまく甘えられない”ということでした。好きなのに、素っ気なくしてしまう。好きな人が年下だから、好きなのに、甘えられない。完璧だから弱みを見せられない。

そこを改善すべきだと、めちゃモテ委員長は気づきます。

めちゃモテ委員長と姫野華恋と男の子二人の四人でダブルデートに。

年下の彼が、いつもと違う姫野華恋に気づき体調が悪いのかな? と思う。

「荷物持つよ」

そう言ってくれたのにまた強がってしまう。

ハッとそこで気づき「お願いするわ…」と甘える技術が成功!(?)

年下の彼も、頼ってくれたことに嬉しそうな顔をするのであった・・・・

もりー

このお話、めちゃくちゃ覚えてるんです! トイレでめちゃモテ委員長にアドバイスをもらって、素直になるのですが、可愛すぎて!! (これで記憶に間違えがあったら怖いのですが)

 

⬇︎ LINE@から ⬇︎

最新の更新情報

お知らせを受け取ることができます 

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です