モラリーを詳しく知りたい!

【暴飲暴食をやめる方法】暴飲暴食しないようにするために試してみるべきこと

暴飲暴食にさよなら

むしゃくしゃする!!

食べたい!飲みたい!!

とにかくなんでもいいから食べたい!!

 

もりー(@morymolly247 )です^ – ^

むしゃくしゃしていたり、気分が落ちているからと、暴飲暴食したくなるときはありませんか?

嫌なことがあるとよく食べ物に走ってしまっていたことがあるので、よーくお気持ちわかります。

 

まず最初に知っておいてほしいことは、毎日の食事に、莫大なエネルギーを費やしているということです。

私たちは毎日、フルマラソンをしている並みのエネルギーをかけて、食事をしています。

食事にエネルギーを使っているのなら、ダイエットになるじゃん!

もりー

うんうん!!そう思いたい!!

しかし、勘違いしやすいのですが、そうともいかないのです・・。

残念ながら、食事に費やすエネルギーは、ダイエットにはなりません

このエネルギーは、「消化」以外にも「代謝」や「排泄」にも使われます。

なので、食べ過ぎることなどをして、このエネルギーを費やしてしまっては、老廃物が溜まっていき不健康になっていってしまいます。

だからこそ、暴飲暴食は不健康を及ぼす危険行為なのです。



暴飲暴食をしないためには?

暴飲暴食をしないためには

そもそも、なぜ暴飲暴食をしたくなるのか

ここを突き止めましょう。

根本の原因を考えてみることが、暴飲暴食との決別の道の入り口になります。

チェックポイントは以下の通りです。

  • どんな時に暴飲暴食をしたくなる?
  • 暴飲暴食中、理性は働いている?
  • 食事を楽しめている?



摂食障害を疑う

どうして私は食べ過ぎてしまうんだろう。

食べ過ぎることをやめられない。

過食嘔吐を繰り返してしまう。

もしこんな症状が出たら、すぐさま心療内科へ。

くるみ亮先生のマンガ「私を笑わないで」から学ぶ摂食障害【過食症・拒食症】『私を笑わないで』マンガを読んで、摂食障害を勉強しました。もしかしたら、摂食障害に気づかずに苦しんでいる女性の方は多いのかもしれないと。

私を笑わないでというマンガはとても分かり易く描かれているので、ぜひ読んでほしい。

そして、自分も摂食障害かもしれないと思ったら、心療内科に行くだけでもいってみてください。

私を笑わないで くるみ亮先生の漫画「私を笑わないで」から学ぶ摂食障害【過食症・拒食症】

暴飲暴食をしない工夫をしよう

暴飲暴食をしない工夫

私もダイエットを繰り返し、反動で暴飲暴食しまくっていたので、たくさんの失敗を踏んできた一人です。

しかし、暴飲暴食をしてしまう自分の行動を記録していき、なぜ「暴飲暴食をしてしまうのか」がわかり、工夫していくうちに、いつの間にか暴飲暴食をする日はなくなりました。

実際に私が工夫してきたものをご紹介します。

重要なのは、実践する前に買い出しに行ったりしないでください。

※特に空腹時に食品を買いに行くのはNG!

(2,3,4が家にない場合は、冷静になって、買うものを決めて買いに行ってください)

  1. 理性を失う前に、温かいものを飲む(白湯・スープ)
  2. 豆乳やプロテインなどの健康的かつ、甘いものを飲む
  3. 食べたくなっても“何が”食べたいのか自問自答して厳選する
  4. 鏡を置いて食事をする
  5. 上品に食事をする
  6. 露出度の高い服を着て過ごす
  7. とにかく動きまくる(走る・踊るなど)
  8. 美意識の上がる、自分がなりたい人物を見る

すべて、効果抜群だったので、1から一つずつお試しいただけたらと思います。

帰宅後、すぐに暴飲暴食してしまうケースが多いかと思うのですが、その場合には手洗いうがいをしたらすぐにどれかしらを実行するように、余計なことは考えずに行っていただきたいと思います。

おすすめは1です。

ご褒美を用意する手もありますが、即効性がないのであまりおすすめはしませんが、【自分に投資編】を行うのはありかと思います。



【まとめ】暴飲暴食をしないために

暴飲暴食さよなら

暴飲暴食と向き合ってみる。

暴飲暴食を繰り返してしまって自己嫌悪になってしまうのなら、どうしてそうなってしまうのかの自己実験を繰り返し行う。

いつかそうしていけば、終止符を打てます。

もりー(@morymolly247 )でした^ – ^ノシ

関連記事:自分へご褒美!ダイエット中のご褒美7選【自己投資編】

LINE@

最新の更新情報

限定記事のパスコード

お知らせ等を受け取ることができます 

日曜日の12時に配信

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です